Archosのダイヤモンドプラス:ハンズオンビデオでSelfiebuttonと5.5インチファブレット[IFA 2015]

3420Archosのダイヤモンドプラス - ハンズオン[IFA 2015]動画を見逃すことはありませんか? YouTubeで私たちに登録:

ダイヤモンドのタブとそのIFAの隣に提示50DヘリウムArchos商品やダイヤモンドに加えてプラス、5.5インチフルHDディスプレイ、オクタコアCPUとLTEとミッドレンジのスマートフォンが立っていました。約280ユーロで販売されるデバイスは、他のすべての詳細は、当社のハンズオンビデオで同僚フランクを明らかに。

ArchosのダイヤモンドPlusはフランスのメーカーの新しい艦隊の現在のフラッグシップモデルである、はっきりしているすべては、それゆえインストールされたハードウェアを認識:Archos商品は、その8つのコアが1.5GHz帯でクロックされ、メディアテック6753を使用しています。内部メモリのRAMと16ギガバイト2 GBのはどのカードアップ脇プロセッサの32ギガバイトまでのmicroSDを介して拡張することができます。実用:Archos商品融合ストレージ、microSDメモリとメモリに特別に開発されたソフトウェアのおかげでマージすることができ、総メモリに内部として使用することができます。ソフトウェア側では、ほぼすべてのIFA 2015でデバイスを発表したと同様に、Androidの5.1が使用されています。

ディスプレイは5.5インチ斜めに測定し、フルHDの解像度を持ち、ダイヤモンドプラスは、このように間違いなく、友人、大きな家電製品に向けられています。バーソは16 MPカメラを見つけることです、フロントカメラは8 MPとselfiesをとります。フロントカメラのトリガとして左側ボタン作用に収容され、selfiesも高速化することができます。電池は2850ミリアンペア時の公称容量と適切に寸法決めされ、これは、金属製のバックカバーに収容されています。実用:Archos商品は、したがって、急速充電を統合しました。それ以外の場合は、通常の仕様は統治:デュアルSIMスロットは、したがって、インストールされているWLAN、GPSおよびLTEカテゴリー4ように、ブルートゥース4.0は、ボード上にあります。

ギャラリーArchosのダイヤモンドプラスハンズオン写真

  • (図1.8)。
  • (2/8):
  • (図3.8)。
  • (図4.8)。
  • (図5.8)。
  • (図6.8):
  • (図7.8)。
  • (図8.8)。

280ユーロの価格で11月からユニットを販売 - 間違いなく仕様公正ご与えられました。

ARCHOSダイヤモンドプラスの技術仕様

ディスプレイ5.5インチのフルHD(1920 X 1080ピクセル)
プロセッサ1.5 GHzのオクタコア(メディアテックMT6753、64ビット)
ランダム・アクセス・メモリ2ギガバイト
内蔵メモリ16ギガバイト(拡張可能)
オペレーティングシステムアンドロイド5.1ロリポップ
メインカメラ16 MP
フロントカメラ8 MP
バッテリーパック2850ミリアンペア時
大きさ 152.6 X 76.4 X 8.4ミリメートル
計測178グラム

アマゾンで購入モトG(2015)*

14.11.2017

Posted In: アンドロイド